家族葬は本当に費用が安いのでしょうか

家族葬は、規模も小さく近親者だけで執り行われる場合が多いです。会場も自宅や小さな葬儀会場を借りるだけなので費用の面で助かるからと選ぶ方もいるでしょう。確かに、葬儀社の広告などを見ても、明らかに家族葬にかかる費用は少ない表示になっています。祭壇なども小さく、会葬者の方々に振る舞う食事の席なども省略され、返礼品なども無い事が多いので費用がかからない設定になっています。故人に対してかかる費用は家族葬であっても一般葬であっても変わりません。

遺体の搬送から納棺や湯灌やお棺および火葬費用、火葬場までの搬送費用など儀式以外に必要な費用というのは、絶対に必要な金額です。家族葬の場合は、ひっそりと告知せずに会葬も遠慮し、思い掛けず参列してくださった会葬の方からの香典も受け取らず見送る形式をとるので、葬儀にかかった費用は全て遺族の負担となります。一方、一般葬では会葬者の方々が香典を持参し、葬儀の費用を助けてくれるので返礼品や香典返しの費用などが香典によって間に合う事が多く、生前のお付き合いが多く参列者の人数も大勢になる場合などは、儀式にかかる費用までまかなうことが出来る場合もあります。

仏教による儀式の場合は、戒名や法名と呼ばれる故人への名前が宗教家の手でつけられますが、立派な名前ほど金額も高くなります。家族葬であっても戒名の金額が変わることは無く、葬儀とは別に支払う金額だという事も知っておきましょう。このように費用の面だけで家族葬を選ぶのではなく、故人のお付き合いの範囲や予想される参列者の方々の事、儀式を執り行う場所なども考慮し、御遺族や故人にとって後悔のないような温かい家族のお見送りを選びましょう。