家族葬を選んだ場合のデメリット

家族葬ははっきりとした定義はありません。葬儀という儀式の中で家族葬という決まった定義といわれるものはなく、家族葬を選んだ時に困ってしまうのは、どこまでの親類に声をかけるべきか、または知らせるべきかという事です。決まりがないのですから、逆に考えると声をかけてない人は参列に来ないでくださいと言っているようで知らせる範囲に迷ってしまうのです。

大きな葬儀や小さな葬儀という言葉はありましたが、それとは違う悩みが出てくる家族葬という形です。家族だけで執り行いたいと決めた家族葬なのに、なぜ声をかけてくれなかったんだと感じる知人の方や親類が出てきてしまう可能性があります。家族葬を選ぶ場合にはいちばん気を付けなければいけないところです。問い合わせや訪問があった場合には、丁寧に説明する心構えも必要になってきます。お香典なども生前の付き合いから、家族葬という事を知らずに持参する方もいるでしょう。後日返礼品をお渡しするなどの後から出てくる手間もある事を踏まえていなければなりません。参列したくても出来なかったという方が49日が終わってからお参りに来られる場合もあり、返礼品などは余分に用意しておくというのも必要です。

家族だけで執り行われる家族葬は、故人が生前にどんな人間関係だったのか、どんな社会的人物だったのかを儀式の中で知ることはできません。反対にお付き合いのあった方が、どうやって亡くなったのかなど知ることも無く残った御家族との新しい御縁を築くこともありませんので、何を重視するかを考慮した上で選びましょう。