家族葬を選んだ場合のマナー

家族葬が世間に浸透してきてはいるものの、執り行う側である喪主のマナーや弔問に訪れる側のマナーはよく分からない部分が多く、迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。前もって基本のマナーだけでも知っておけば、相手への失礼が避けられます。

家族葬だから家族だけでやるのだし、訃報を伝えなくても良いというわけではありません。伝える範囲を決めた上で、お世話になった方や呼ばない親族への連絡は、一般葬の訃報の連絡よりも丁寧に報告する方が良いでしょう。家族葬だからこその心づかいとして、ぜひ参列して故人へ最期のお別れをしたと望む方をお断りすることになるかもしれない事を念頭に置いて、故人や家族の望みである事などを話して香典や弔問をお断りしている旨を理解して頂けるように説明して伝えましょう。

訃報を受けて家族葬と聞いた場合は、なるべく弔問を遠慮する方が最善です。どうしても生前に故人から香典などを頂いていたりして香典だけでも届けたい時は、喪主へその旨を伝え返礼品などを遠慮するなどして渡しましょう。お通夜の席などへの弔問も直接参列の案内がない限り控える方が、失礼にあたりません。家族葬を選ぶ場合には、故人の遺志であったり家族の心理的な物であったり、経済的な事が理由であったり、自宅の広さであったりと、デリケートな理由がある場合もあります。呼ばれなかったからと、強引な参列にならないよう注意しなければいけません。このように家族葬は、これといった決まりはありませんが、一般葬の場合が皆さんで見送って下さいという喪主の意志が入っているものと違い、家族だけで見送りますという確固たる意志表示にも受け取られるということを理解しておきましょう。どのような葬儀の形が良いのか後悔のないように決めていく必要があります。