家族葬を選んだ場合のメリット

家族葬での儀式を選んだ場合の良い点は、どんな事でしょう。費用の安さ以外でも選ばれる理由を紹介します。家族や近親者だけで執り行われる家族葬は、広く告知をしないので次々と参列者が参り遺族が対応に追われ故人とのお別れをする時間がなかったという事は少なくなります。自宅や会場へ搬送されてから儀式が行われるまで、ゆっくりとお別れをする時間を取ることが出来ます。

不慮の事故死や自宅が狭いなど、数々の家族の複雑な事情が絡んでいたとしても家族葬であれば、気を遣わずに見送る儀式を行う事が出来ます。遠くに住んでいる家族が居る場合、出来る事なら最後のお別れもさせてあげたい時など火葬の日程を遅らせたりする事も、告知をしない家族葬なら可能な事になりますし、家族が集まりやすい場所での儀式も家族だけで行うなら迷惑をかけることなく儀式を終わらせる事が出来ます。

葬儀の弔問へ訪れると帳簿に記帳ということをしますが、昔からのしきたりで後々も会葬に来てくれた方々とのお付き合いを大切にするために弔問客の住所や氏名、香典の金額が記帳されてきました。高齢化も進み地域の繋がりも薄くなり、子世帯に移り変わった時点で葬祭のお付き合いは、どこまで付き合っていけばよいものなのか離れた所に住む子世帯にとっては悩むところです。家族葬で行う事で、どこまで知らせたら良いのかという煩わしさも無いでしょう。なんといっても、終活という自分の終焉を自分で決める活動の中で、本人が大きな葬儀を望まずに家族だけに見送られたい家族葬を強く望むケースが多く、故人の希望を叶えるという意味では、必ず叶えてあげられる儀式でもあります。