家族葬を選ぶ心理的要因

家族葬を選ぶ心理的要因 最近、各地で家族葬という葬儀の形態を選ばれる人が増えているようです。家族葬は、親戚や親しい知人と家族だけ小さく執り行う儀式です。家族だけで執り行う儀式には、密葬と呼ばれる儀式もありますが、密葬は、家族だけで行った後に本葬やお別れ会などがあり家族葬とはまた別の葬儀になります。

なぜ、こんなにも家族葬が望まれるのでしょうか。そこには色々な現代の人の環境や心理面が大きな背景となっているようです。代々受け継がれてきた葬儀の形態は、古くから仏教や神教などの宗教を基本に各地のしきたりと共に行われてきました。核家族が増え、それが当たり前となり転勤などで何世代もの家族が同居することが少ない傾向です。親子で地元に住み続けながら、故郷のしきたりの中で大きな葬儀を行う事が減り、地域との横の繋がりも薄くなってきました。地域や近所の人達が総出で手伝い、その繋がりで多くの参列者があった葬儀が当たり前だった頃とは、家族の形態も様変わりしています。子供世帯と親世帯の宗教が違うという事もあります。

そのような中で、地域との関係も薄く、親世帯との交流を共有していない子世帯が葬儀を考えなければならないことが増えています。自分達の出来る範囲で葬儀を選ぶ時、家族葬のような規模が小さめで親しい友人や家族、親戚だけで執り行う儀式が精神的にも一番納得する儀式にみえてくるのではないでしょうか。家族としては、心から故人を思いながら見送りたいけれど全く見たこともない知らない方達が葬儀を先導し、思いもよらない方向へ儀式だけが勝手に行われてしまったというケースもあるでしょう、何もわからないままに葬送の儀式が終わってしまい、後の御礼や返礼などの負担も重くのしかかってきます。そのような事に困惑してしまったと思ってきた事が、最近の家族葬が良いと選ばれる要因のひとつとなっています。

家族葬は、参列者も家族や親近者だけなので規模も小さく、儀式が執り行われる会場も自宅や小さな葬儀場であったりと費用の金額も大きくはなりません。宗教家への御礼の金額も少なくて済む場合があり、家族への費用の負担を考えた時に家族葬にしてほしいと言い残すケースも増えています。金額が大きくならないというだけで家族の持ち出す金額が少ないとは限りません。人間関係の煩わしさは避けられますが、出来る限りの範囲で手厚く見送りしなければと思う心が強くなり、家族が実際に支払う金額としてみたときには、大きな葬儀と同じくらいかかえって多くなる場合もあります。費用が少ないからというだけの理由で家族葬を選ぶのは、注意が必要です。

最新ニュース